高認とは

概要

高認、又は高卒認定と呼ばれている、高等学校卒業程度認定試験とは、文部科学省が実施している資格です。
平成17年度から大学入学資格検定(大検)にかわり、実施されるようになりました。
最近では高卒認定のことを高校認定と呼ぶ人も増えているようです。 これは「大検」のように「高認」という言葉が一般的に定着したのが原因と思われます。

高認をとることによって、本来中卒では受験できない大学や専門学校への受験が可能になります。
また、多くの企業からも「高卒者と同等以上の学力」があるとみなされ、就職の面でもたいへん役に立つ資格です。

試験は年に2回開催され、一度合格した科目は次からは受けなくていいので、自分のペースにあわせて着実に取り組むことができるのも特徴の一つです。
また、高認の予備校も全国に多数存在しています。
予備校では、通学や通信教育などがあり、受験者の都合に合わせた効率の良い勉強方針が立てられます。
予備校によっては、高認合格後、大学・短大・専門学校へ進学するための指導を受けられるところもあるそうです。

高認の基礎知識

スタイルで高認予備校探し